· 

加藤 茶さんの有名な「ちょっとだけよ」のマンボ。ペレス・プラード楽団の「タブー」

TBSのテレビ番組「8時だョ!全員集合」で、加藤 茶さんがコントを演じたときに使われた「タブー(Tabu)」

皆さんも一度は聴いたことがあると思います。

 

「ちょっとだけよ」「あんたも好きね~」で、大変人気がありました。

 

8時だョ!全員集合」で演奏された「タブー」は、もともとペレス・プラードがマンボにアレンジしたバージョンを参考にしています。

 

 

原曲は、キューバのマルガリータ・レクォーナが1934年に作曲したものです。

 

もともとソン・アフロというリズムで書かれた黒人奴隷をテーマにした歌なのですが、日本ではペレス・プラードのバージョンが有名で、官能的な雰囲気からか、ストリップ劇場などのBGMで使用されていました。

 

ペレス・プラードは1957年に初レコーディングしています。

 

8時だョ!全員集合」で、加藤 茶さんがコントで「タブー」をBGMとして使用したことで、ペレス・プラードの「タブー」が1973年にリバイバルヒットしました。

 

1973年に発売された日本版のペレス・プラード楽団「タブー」では、ペレス・プラードが

「あんたも好きね」「ちょっとだけよ」

 

と日本語で語る、とっても怪しげな雰囲気の曲に仕上がっています。

 

CD化はされていないので、当時発売されたレコードが手に入れば聴くことが出来ます。

 

わたしが楽団に参加して演奏した「タブー」は、ペレス・プラードがはじめてレコーディングしたバージョンをもとにしています。

 

 

私たちは、ペレス・プラードのオリジナルを大切にしながら、さらに進化させたサウンドを心がけて演奏しています。ペレス・プラード楽団の伝統と歴史を感じる、そして新しい演奏をお楽しみください。

 

【ペレス・プラード生誕100年、来日60年記念コンサート】

 

余語丈範がペレス・プラード楽団メンバー時のビデオです

(日本公演2016年7月27日)

「タブー」