· 

ペレス・プラード楽団で使われる楽器たち

現在のペレス・プラード楽団は

 

キーボード×1

トランペット×4

トロンボーン×2

アルト・サックス×2

テナー・サックス×1

バリトン・サックス×1

ベース×1

コンガ兼ボーカル×1

ドラム×1

ティンバレス・パーカッション×1

そして私のボンゴ

 

で演奏されるのがフル編成です。

 

 

演奏曲目などによってメンバーの人数は変わりますが、昔からこの編成が基本のようです。

 

ですが、ペレス・プラードのマンボが大流行した頃には上記の人数よりも多く、なんとコンガだけでも4人というかなりの大編成の時期もありました。

 

 

大編成時のペレス・プラード楽団

ペレス・プラード初期のレコーディングでは、マラカスや曲によりギィロも入っていましたが、最近の演奏スタイルにはこの楽器たちは使われていません。(たまにコンガ担当が「ある恋の物語」など、曲によりマラカスを使います。)

 

ラテン音楽というとマラカスやギィロというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、意外ですよね。

 

初期の録音には使われていたのですが、現在はその役割はドラムが担っています。ハイハットで表現しているのです。

 

ペレス・プラードの伝統の音楽スタイルを継承しつつ、常に新しい表現に向かっているペレス・プラード楽団。今後もさらなる活躍が期待されています。

 

私も、ペレス・プラード楽団で過去のボンゴセロ(ボンゴを演奏する人のこと)の表現を組み込みながら、きっとペレス・プラードが好むであろう演奏方法を取り入れコンサートに臨みました。

 

今後のコンサートにもぜひ期待していてくださいね!!アァ~うっ!!

 

写真は、ペレス・プラードとマラカスを持つ美空ひばり